「ソラリス」が届きました

ポーランドから本が届きました。注文してからおよそ2週間でした。なかなか手に入らないユリオ・バギの本があったのでついでに5冊ほど注文しておきました。ソラリスは8.75ユーロ(1,150円程度)でした。
エスペラント相撲の11月場所のタイトルにする予定です。みせびらかしの意図もあります。

ついでにちょっと聞いた話です。著者はStanislaw Lemですが、実はStanislawのlのところに斜線が入っています。これはスタニスラフではなくスタニスワフと読むのだそうです。

「ソラリス」のエスペラント訳が

ビッグニュースです。

スタニスワフ・レムの名作「ソラリス」のエスペラント訳がこの9月12日に発売されました。レムの生誕100周年を記念してその日の発売になったそうです。このことは9月1日放送のPolaRetradio のインタビューでビヤリストクエスペラント会の会長が話しています。たまたまその話を聞いたすぐ後に、私自身もその会長と話をする機会がありました。
その方は世界中の訳本を集めたそうです。ハヤカワ文庫の「ソラリス」も持っているとのことです。われわれのが一番原作に忠実な訳じゃないかな、とうれしそうでした。すでにそれを読んだ別の方も良い訳だ、勧めたいと評価していました。
ぜひとも購入したいが、ポーランドの銀行口座に直接振り込む方法がわからないので調べてから…と言ったところ、1週間待てばカード決済できるようにするとのありがたい答え。それから1週間経った本日覗いてみたら、カード払いもできるようになっており、早速注文しました。楽しみです。
ビヤリストクエスペラント会図書販売部のURLは
https://espero.bialystok.pl/eo/libroservo/?v=c4b7b1ce41f8 です。

第108回日本エスペラント大会に行ってきました

と言っても自宅でパソコンに向かっていただけです。

去る9月18日から20日まで、日本エスペラント大会が広島で開催されました。
エスペランチストたちは世界を股にかけて旅して歩くので広島くらい隣の家にこんにちは、という感じらしく、そこに集ってわいわいするのが楽しみだったことでしょう。しかし残念なことに今年はオンラインのみで行われました。
しかし反面、そのため私も参加することができました。なぜかというと、私にとって宿泊が必要な場所は国の内外を問わず限りなく遠いのです。「海外に行く気もないのになんでエスペラントを学ぶの?」と問われると非常に困るので、これまではそのことを隠してきました。しかし、これからは大丈夫のようです。

いつぞやZOOMでお見かけしました

 これからはこんな挨拶をする機会もありそうです。

 先日ここに「ドイツのエスペラントの友達に陣中見舞いを送りました」という記事がありました。私が「講演会を聞いてきました」ときに、その中で質問に立った女性(ああ、本当は座ったままでしたが)のお話の内容が、先の記事の方と類似していたので問い合わせたところ、まさにそのとおり、ということでした。

“いつぞやZOOMでお見かけしました” の続きを読む

電子辞典

私の目はもう紙の辞書を引くのに耐えられなくなりました。それで自宅では専ら電子辞書を使っています。エスペラント日本語辞典は本の方は使用頻度が低かったのですが、電子版の方はボロボロになるまで、あっ、本だったらボロボロになるくらい、使っています。しかし大きな欠点があります。

“電子辞典” の続きを読む

読み・書き・そろばんは?

お勉強の基本は読み・書き・そろばん(計算)ですね。これは小学校でみっちり身に着けます。エスペラントは学び始めると同時に読み・書きも始めるので、それは問題なさそうです。さてエスペラントの小学校はないと思います。すると計算はどうなるのでしょう?

“読み・書き・そろばんは?” の続きを読む

古くて新しい「伴侶」はいかが? 

 妻が夫に付き従う姿を表すと一部では誤解されたこともあるようですが、もともとそういう意味はありませんし、まさか今の時代にそんな使い方をするのはとある老議員くらいのものでしょう。
 配偶者のみならず、ポチやタマをさしてもいい言葉だそうです。あっ、これは危険な言い方ですね、自分と同じくらい大事にしているポチやタマのことですよ。